再建して悩みを解消

まゆげのお手入れ

女性特有の病気として乳がんという症状があり、手術の際に乳房再建という治療を行うことがあります。今では多くの女性に認識されている乳房再建ですが、このように知られることとなった歴史の流れにきっかけについてみていきます。最初に乳房再建が行われたのは1890年代であり、時代で言うと明治時代あたりになります。このころ乳がんのための治療法として乳腺部分切除手術が行われており、丁度この頃近代的外科学が注目されていました。その中でハルステッドの術式が完成されており、乳房再建の試みが始まるようになっていきます。この技術が時代とともに進化をしていく流れとなってゆき、約100年経過した現代ではより切除部分の少ない乳房再建が完成する形となります。

乳がんになるとケースによっては乳房を切除しなければなりませんが、それを元通りにする乳房再建が行われることもあります。今では乳がんの手術や治療には欠かせない対処法となっていますが、今後の需要はどのようになっていくかを予測していきます。今現在の医学では乳がんの治療法については乳房切除が一般的となっており、他の治療については研究途中の段階となっています。また切除した乳房を再生させるには、今のところ乳房再建が一番有効な方法となっています。そのため乳がんで悩む女性にとっては乳房再建は必要不可欠な治療法となっているため、これが無くなってしまうと大変不便してしまいます。なので乳房再建の需要についてはなくなることはなく、これからも増加していくと予測されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加