古い映像のダビングも可能!DVDダビングを依頼しよう

企業の映像資料を保存しよう!

職場の様子や製品を製造している様子の映像は、企業の資料になるだけでなく宣伝にも繋がります。せっかく映像を撮影しても、整理して活用しなくては意味がありません。DVDにダビングしておけば、保管が楽になるだけでなく映像を綺麗なまま残しておくことができます。大量の映像を個人でダビングすることは大変ですが、業者に依頼すれば簡単かつ安心です。

DVDのダビングを依頼する流れ

残しておきたい映像を用意しましょう

DVDにダビングする映像資料を作成するためには、企業に残されている映像を集めます。一度、どのような映像が残されているか確認しておくことが大切です。足りない映像があったら、新たに撮影しておきます。DVDには写真の画像も残せますから、気に入った写真があったら用意しておくと良いでしょう。

古い映像も使えます

デジタル機器で撮影したものはもちろん、過去にビデオで撮影した映像も集めておきましょう。VHSなどに保存された映像もDVDにダビングすることができます。古い映像であっても、企業にとっては大切な資料になるかもしれません。

依頼する前に映像の長さを決めましょう

業者にDVDダビングを依頼する際は、映像資料は全体でどれくらいの長さにしたいのかを決めておきます。漠然と映像を残すのではなく、目的別に映像を整理しておくことがオススメです。映像を全て渡すのではなく、どの映像を使いたいか伝えましょう。

編集を依頼してみましょう

映像はそのままDVDにダビングするのではなく、チャプターやタイトルを付けると見やすくなります。元の映像にチャプターがない場合でも心配ありません。業者に編集を依頼すれば、チャプターはもちろん映像内にタイトルなどの文字を入れてもらうこともできます。入れる文字やチャプターの位置は、業者と相談しながら決めるのがオススメです。

ダビングを依頼する前に

保存する映像の編集が終わったら、いよいよDVDへのダビングです。DVD以外にBlu-rayにも残したいと思ったら、業者に相談してみましょう。DVDは、バックアップ用などに複数枚ダビングしておくと安心です。業者によっては、ダビングしたDVDやBlu-rayの表面にタイトル等を印刷してもらうこともできます。

古い映像のダビングも可能!DVDダビングを依頼しよう

パソコン

優良業者をチョイスするには?

DVDのダビングを行なっている業者は複数ありますが、業者によって得意とする仕事は異なります。VHSなど古い映像がある際は、特に注意が必要です。映像の中に付けるタイトル等も業者によって異なります。動くタイトルや様々な映像効果を期待したい場合は、CG動画を得意とする業者がオススメです。依頼する際には、複数の業者に見積もりを取りながらどのような映像をダビングしたいのか相談して見ましょう。

用途はアイデア次第

DVDにダビングした映像は、DVD再生機はもちろんパソコン等でも視聴することができます。持ち運びも簡単なので、気軽に貸し出しすることもできるでしょう。内容によっては、就職活動のセミナー等でも使えます。取り扱いが簡単なので、セミナー会場等でも簡単に映像を流すことができて便利です。その他、社員研修用の映像を用意しておくこともできます。映像以外にも写真を保存しておくこともできるので、写真のアルバムとしてDVDを利用することもオススメです。

取引先に配布することも可能

企業の紹介映像をダビングしたDVDなら、そのまま取引先に配布することもできます。紙のパンフレットだけでは伝わりにくい様々なことを相手に知ってもらうことができるでしょう。製品を販売する企業なら、工場の様子を撮影した映像を見てもらうこともできます。わざわざ工場や事務所に出向いてもらうことなく、企業の様子を知ってもらうことができて便利です。DVDをうまく活用することによって、企業の信頼度を上げることも難しくありません。

映像データは適切に管理することが大切

すぐに映像を使う予定がない場合でも、DVDにダビングしておくことをオススメします。DVDなら保管場所が僅かで済むだけでなく、長期間映像を綺麗に保つことができるからです。DVDにタイトルを印刷し、中にチャプターを付けておけば簡単に映像を探すことができます。写真も同様にDVDに保存することで、大量にあっても保存が簡単で探しやすくなるでしょう。DVD内の映像や写真は、他にダビングすることもできます。DVDなら将来、映像を再活用したくなった時にも便利です。